• このエントリーをはてなブックマークに追加

示談金について教えてください。

私は1年ほど前に交通事故に遭い、後に後遺障害12級6号の等級になりました。保険会社から示談金を提示され、交渉の結果が40万以上の上積みによる330万に落ち着いたところです。
交通事故は初めてのことで、周りに詳しい人もおらず、この金額が適正かどうかわかりません。つらい想いもしましたし「もっと請求できたのに」、と後から後悔するようなことはしたくありません。
そのために、2点質問させてください。

1)弁護士に相談した方がよいか、弁護士以外に適切な機関があるか。
2)相談する時の注意点、また、弁護士以外も含め相談するメリット、デメリット。

回答頂けたら助かります。よろしくお願いします。

2015年11月20日投稿者:K(40代性別非公開)
  • タメになった! 104
  • 専門家回答 1件/返信 1

専門家からの回答

岸 正和弁護士
岸 正和弁護士

お世話になります。大阪市天王寺区の弁護士岸正和です。

まず、「1)弁護士に相談した方がよいか、弁護士以外に適切な機関があるか。」についてですが、弁護士に相談した方がいいです。個々の弁護士以外にも相談を受け付ける機関はありますが、例えばこの私のように、交通事故被害者の方であれば無料相談(電話やメールであれば全国どこでも対応可能です。)を受け付けている弁護士もいますし、敢えてそのような機関に相談するメリットは考えにくいのです。また、弁護士に相談をしたからといって、必ず委任をしなければならないというわけではありません。私の場合、無料相談だけで終わることに何の問題もありません。

また、「2)相談する時の注意点、また、弁護士以外も含め相談するメリット、デメリット。」としては、これまでの資料を持参又は郵送されることが必要になります。特に、ご自身やそのご家族の加入している損害保険の資料を忘れないでください。また、弁護士に相談するデメリットは、相談料が無料であれば考えにくいです。他方、弁護士以外の方に相談されるのは、弁護士法の問題もあるので、慎重になされるべきです。

ちなみに、弁護士が代理人についた場合、通常、被害者に最も有利な裁判基準を前提とした示談金額の交渉になります。大阪地方裁判所の基準では、後遺障害12級の事案であれば、後遺障害慰謝料280万円
逸失利益(仮に年収500万円で37歳の方であれば、500×0.14×15.3724≒1076万円が認められる可能性があります。)
入通院慰謝料(仮に通院期間10か月間とすると152万円が認められる可能性があります。)
の計約1508万円その他が認められる可能性があります。

結論としては、とにかく弁護士にお電話をされるべきです。この私も、お電話をお待ちしています。

2015年12月03日10時33分
岸 正和弁護士

非公開メッセージ

※この内容はプライベート機能により投稿されているため
非表示となります。

lock

2015年12月03日12時53分

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play