• このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡事故における責任のあり方

死亡事故の件数は年々増えている
毎日利用する、バスや車、バイクなどの乗り物は通勤や通学に欠かせないものです。しかし、いつも同じ生活とは限らず、寝坊や私用の理由で遅延することがあります。限られた時間の中で生活していても、どうしてもトラブルが起きてしまいます。その中に、交通事故が含まれています。交通事故は、事の重大さで責任の重さが変わってきます。また、それにより罪の重さも変わります。例えば、ガードレールや電柱へ追突してしまうような事故は、被害を受けた人がいない物損事故になります。元に戻すための修理代を払えば、綺麗に元に戻ります。しかし、車同士の衝突事故によって被害者の方が亡くなってしまった場合、莫大な賠償金を請求されるだけでなく、その罪で刑を受けることになります。加害者も被害者も、その場で全てを失う可能性があるため、毎日の行動に責任を持って生活しなくてはなりません。今では、全国で2時間に1人が交通事故で亡くなっている計算で、さらにその数は1年で100人以上ずつ、増加していることが問題になっています。

事故の責任は罪の重さで変わらない
毎年、4000人以上もの交通事故による死亡者がいる中で加害者は深く反省し、人生を送っています。加害者の中には被害者の怪我の程度や事故の内容で重さを考えている人がいます。いかなる交通事故であっても、被害者にとっては全て同じ重さと考えられます。加害者も罪の重さで責任を軽く受け止めてはいけません。しかし、今問題になっているのは責任能力がないと罪が軽くなったり、罪に問われないとこです。加害者の弁護士が精神鑑定を依頼して、責任能力の有無を問う場面がよく見られますがこれは被害者からしてみると疑問を持つでしょう。責任の有無ではなく問題は、死亡事故を起こした罪の有無で、有罪にすること、伴う心からの謝罪を被害者は望んでいます。罪の擦り付け合いが起こることもありますが、日常の生活において注意をしたり、責任をもって行動することが一番大切です。また、相手を思う気持ちを持ちながら、常に自分と相手を守る心がけが必要です。いかなる場合も責任を持って、行動しましょう。

死亡事故における責任について考える
交通事故で、一番罪が重く加害者の罪が問われてしまう死亡事故がおきたら、一体どうしたら良いのでしょうか。毎日心がけて、注意を払っていても起きてしまうのが交通事故です。万が一、事故を起こしてしまった場合加害者は何を問われて、どのように行動したら良いのでしょう。まずは、交通事故の際にきちんと衝突した相手を確認して、病院や警察へ連絡を入れることができるかで罪の重さは変わります。最近では、確認もせずに逃げてしまい、刑を逃れようとする加害者が増えています。また、飲酒や無免許での運転は一発で実刑になります。その場合、交通刑務所でなく一般の刑務所に収監されます。では、加害者は事故を起こしてしまった場合どうすればいいのか。まずは、被害者への謝罪と示談交渉です。これは、とても難しく被害者との仲がこじれてしまえば上申書が出されてしまうことがあり注意しなくてはいけません。きちんと、刑事裁判で心から悔いを感じ事故への責任と被害者への反省をしなくてはいけません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play