• このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の見舞金と損害賠償金の決まり方

損害賠償金とは別に見舞金を請求されたら
毎日の通勤や通学で欠かせないバイクや車は、日々安全を心掛けていても、ある日突然交通事故を引き起こします。注意をしているつもりでも、周りを良く見ていなかった瞬間や、車内の設備機能に夢中になってしまった時などが危険です。もしも、物にぶつかり自分が怪我をするだけでなく相手の車や、人と事故を起こしてしまった時は、きちんと謝罪をして、お金を支払わなくてはいけません。まず、保険会社に連絡をして後々の事故処理を依頼しましょう。そして、相手には正当な謝罪をすることが大切です。被害者の中には損害賠償金とは別に、怪我が見つかり見舞金を要求する人がいますが、相手とのやり取りは必ず保険会社へ相談をしてから行うことがお勧めです。加害者の代理人として被害者の対応をしてくれるので、かえってトラブルを防げます。事故の際のパニックを防ぎ、常に冷静でいられるよう、保険会社に連絡する事を覚えておきましょう。

見舞金はどの程度の金額を包むべきか
ある日突然、大きな交通事故を起こしてしまった場合に被害者も加害者も莫大な損害を蒙ります。そして、被害者や加害者がその事故でけがをしてしまった場合は入院や手術、治療代に修理代金もかかります。また、被害者が重傷であれば社会復帰ができずに、被害者自身の生活も変えてしまいます。交通事故には、さまざまな金額の見舞金や損害賠償金が発生する中で事故が発生した場合どの程度の金額を出すことが正しいのか知っておきましょう。まず、事故で加害者が被害者に見舞金を持って行くことが多いです。損害を取り返せるわけではないので、せめてもの謝罪の気持ちを包むと良いです。また、事故の程度や相手の状態で見舞金額が変化してきます。軽い場合が数万円から、重い場合は数十万以上包む人が少なくありません。また、それらは治療費とは別に支払うことが常識的です。また、加害者は被害者への対応に保険会社の代理人を利用することがお勧めです。

交通事故時に払う賠償金を決めるポイント
交通事故の際に、加害者は被害者へ賠償金や見舞金を支払わなくてはなりません。その金額は、保険会社が事故状況を報告したうえで決まる金額なので、法律に基づき支払が決定されます。しかし、その金額はどのように決められて、請求されるのでしょうか。保険会社というものは、そもそも被害者や加害者への被害にあった金額を正当に支払うものです。その中で、保険会社で金額のラインというものがあり、事故の状況から金額を想定します。また、彼らはプロですから、事故状況で先々に何があるのか予測がつき、アドバイスもしてくれます。正当な金額を当事者同士がトラブルなくもらうために、保険会社は常に冷静に状況を判断してくれ、また、経験や条例をみて過去のテータから金額の判断やアドバイスもしてくれます。事故が軽い場合の見舞金は数万円から、重い場合は数十万円と頭に入れておくと良いでしょう。損害賠償金は法律で定められていますので、きちんと支払う義務があります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play