• このエントリーをはてなブックマークに追加

損害賠償請求を弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭うと示談交渉がスタートする
交通事故に遭って、自分の自動車が損壊したり、けがをしたりした場合には、加害者に対して損害賠償請求をすることになります。多くの場合、この賠償金を裁判という形ではなく、示談という形で進めていくことになります。示談とはお互いに話し合いをし、この金額で今回の交通事故の事は解決したことにしましょう、という取り決めをすることです。この場合、自分が被った損害をすべて加害者に請求できるわけではありません。なぜならば、自分の不注意もあったかもしれないからです。例えば、自分がよそ見をしている時に自動車とぶつかった、信号が赤に変わろうとしている時に横断歩道を渡ったというような場合です。このような過失については、加害者に請求する損害賠償額から差し引くことになります。なお、示談交渉については自分でも行うことができますが、自動車保険に加入している場合には、この示談交渉をお互いの自動車保険会社の担当者が進めていくことになります。

示談において加害者のペースにのるのは禁物
しかし、加害者は早く示談を成立させようとしてきます。なぜならば、示談が成立していると加害者が刑事事件で訴追された場合、示談交渉が成立していると罪が軽くなるケースがあるからです。また、示談交渉が長引けば、示談金の増加につながる可能性があります。被害者として示談交渉に臨む場合にはこのような事情を把握しておきましょう。示談交渉は相手のペースにのってしまわないことがとても重要なのです。特にケガをした場合には、示談を早急にまとめてしまうのは禁物です。その理由としては、示談交渉が成立した後に交通事故を起因とした障害が出てくる可能性もあるからです。もしも、自分で示談成立を進めることに自信がなかったり、自動車保険会社の担当者の進め方に納得がいかない場合には弁護士に損害賠償請求を依頼してしまうというのも一つの手です。この時に注意するべきことは交通事故を専門とした弁護士事務所に相談をすることで、誰でも良いというわけではありません。

弁護士に依頼すれば示談金の増額も期待できる
交通事故の損害賠償請求を弁護士に任せることで、自分は面倒な交渉から解放されることになります。また、加害者にとってみても自動車保険会社の担当者ではなく、交通事故を専門とした弁護士が出てきたということがかなりのプレッシャーになります。そのため、最初は加害者が早く安く済ませようとしていた示談金が大幅に増額できる可能性もあるのです。但し、弁護士に依頼をした場合には当然、弁護士費用がかかります。報酬の内訳は着手金、報酬金、実費となっています。報酬については勝ち取った増額分の一定割合とか獲得金額の一定割合といった決め方になっています。さほど大きな交通事故ではないのに、弁護士に依頼した場合には依頼者が損をしてしまうことにもなりますので、怪我による入院が長引きそうな場合や後遺障害認定を一定基準以上受けた場合に依頼すると良いです。また、自動車保険には弁護士費用特約というものもあります。この特約が付いていれば弁護士費用も補償の対象となるので安心して依頼することができます。

関連する基礎知識

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play