• このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の治療費と通院にかかる費用

交通事故に遭った場合の被害について
軽い怪我で済む交通事故もありますが、とても重い障害を背負うことになる交通事故もあります。したがって、事故に遭わないように気をつけることが大前提となりますが、思わぬ交通事故に遭遇する可能性は誰しもが持っています。そのため、交通事故に遭う前に被害を被った際の心構えを持っておくことが重要になります。被害者になってしまった場合には、被害を最小限に抑えることが大切です。体に怪我を負った場合には早急に病院での治療を受けます。必要とあらば、交通事故にあった現場から救急車を呼ぶようにしてください。自分で救急車を呼ぶことが困難な場合には、加害者が通行人に依頼をして救急車を呼ぶようにするのです。もちろん、周囲にいる人間が状況を察知して救急連絡をすることが最善となります。たとえ、被害が最小間であったとしても、一刻も早く治療を受けなければなりません。なぜならば、目に見える外傷以外にも重大な被害の可能性を秘めているからです。

交通事故の治療費の請求について
交通事故によって負ってしまった怪我の治療費は、加害者に請求することができます。また、治療費のみならず通院にかかる費用も加害者に請求できる場合があります。加害者の経済的な状況や保険の加入具合にもよりますが、交渉により治療費を請求することが可能です。この治療費の請求を目的とした交渉は、弁護士に依頼してください。当事者同士の話し合いで治療費を請求することもできますが、話し合いがスムーズにいかないケースがあります。その際の手間を考えれば、弁護士に代理人の就任を依頼してしまった方が効率的なのです。被害者であればなるべく早く治療費を請求したいものです。自分で加害者に対して請求するよりも、弁護士が加害者と交渉したほうが加害者としても応じやすくなります。そのため、弁護士費用はかかりますが弁護士に治療費の請求を依頼する方法が多くとられています。また、通院にかかる費用も合わせて請求できる場合がありますので、まずは弁護士に相談してください。

示談に関する手続きの依頼について
交通事故の治療費や通院にかかる費用は、加害者と被害者との示談交渉の間で話し合われます。この示談交渉は基本的に、弁護士間で行われることになります。したがって、加害者と被害者は弁護士に代理人を依頼することが必要です。交通事故を専門に扱っている弁護士もいますので、示談交渉に関する経験や知見を多く持った弁護士を探すようにしてください。弁護士によって請求できる金額が変わることもありますので、弁護士の選任には注意が必要です。そして、被害者であれば示談交渉と同時に怪我の治療を進めなければなりません。その際には、治療に要した費用だけでなく、通院にかかる費用を記録するようにしてください。事前に概算を請求するか、または治療が完了した段階で請求するのかについては、弁護士とよく相談しなければなりません。示談交渉を行う前に、依頼する弁護士と交渉に関する方針を決めておくと良いでしょう。弁護士に依頼した後は、事故によって負ってしまった傷を癒すことを優先してください。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play