• このエントリーをはてなブックマークに追加

示談の方法と注意点

まずは相手の情報をしっかりと集めよう
交通事故に遭った場合、加害者である相手方も被害者である自分もかなり動揺してしまうものです。しかし、交通事故に遭った後からやらなければならないことは沢山出てきます。まずは冷静になって、一つずつ順を追って解決していきましょう。最初に行わなければならないことは、加害者の情報を集めることです。名前、住所、連絡先はもちろん、車両のナンバーや勤務先も聞いておきましょう。名刺をもらうようにすれば、車両ナンバー以外は名刺に記載されているので、かなり手間を省くことができます。勤務先を確認するのは、ケースによっては雇用者にも損害賠償請求をすることができる可能性があるからです。相手がトラックやタクシーの運転手であった場合には、その会社との話し合いも必要になってきます。相手の情報を把握したら保険会社と警察にも連絡をしましょう。警察には加害者が連絡する義務がありますが、相手も動揺していますから自分でも連絡しておくと良いです。

示談には十分な時間をかけることが大切
さて、交通事故につきものなのが示談です。加害者の情報を得て、警察にも連絡をしたら、今度はこの示談交渉をしていくことになります。示談とは交通事故を起こしてしまった加害者が被害者に対して損害賠償の約束をすることを言います。示談交渉については、自分でも行うことができますが、今では直接本人同士が行うケースは少なくなっており、自動車保険に加入している損害保険会社の担当者が各々に代わって行うことが多いです。もしも、自分が車を保有していなくて自動車保険に加入していないようであれば、自分で行うよりも弁護士などの専門家に依頼をしましょう。加害者やその代理人である損害保険会社の担当者は早いうちに示談を成立させてこようとします。これは早いうちに成立すれば示談金が膨らむことがなく、また、刑事訴追されたときに、示談が成立していると、刑が軽くなるからです。これらのことを知らないと相手のペースに乗ってしまうこともあります。これを防ぐために専門家に間に入ってもらうことが必要なのです。

交通事故を専門にしている弁護士に依頼しよう
弁護士に示談交渉を依頼するときに注意するべき点は、交通事故を専門分野にしている事務所に依頼するということです。弁護士であればだれでも良いというわけではありません。また、時間はじっくりとかけましょう。なぜならば、交通事故にあってからしばらく経って、後遺障害が出てくることもあるからです。早いうちに決着がついてしまうと、これらの治療のための医療費を損害賠償請求することができなくなってしまいます。交通事故後、傷害により病院に行くようなことになったのであれば、加害者との話し合いは十分な時間をかけて行っていく必要があります。交通事故を専門としている弁護士に依頼した場合にはこのようなこともしっかりと教えてくれるので、弁護士のアドバイスに従って行動しましょう。また、弁護士に依頼することで、相手が提案してきた損害賠償額を増額することもできる可能性があります。自分一人で片付けようとせずに専門家の力を最大限活かしましょう。

関連する基礎知識

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play