• このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故における保険会社の役割

交通事故における保険の種類はどのようなものか
交通事故における保険会社の役割は、大変大きなものです。交通事故における保険は、自賠責保険と任意保険があります。車を運転している人が必ず入らないといけないのが自賠責保険です。これは、加入義務がありますので、自賠責保険に入っていないと車検を通すことができません。しかしながら、自賠責保険は補償範囲の上限が決まっているため満足な補償ができなかったり、自分の車の損害には使用できません。そのため、対物補償や対人補償の無制限など、自賠責保険の範囲外のことも対応してくれる保険が、任意保険です。保険料は各会社により異なり、その補償の範囲も各会社によって違います。事故を起こした際に、保険会社が手続するのは、自賠責保険および任意保険の会社ということになります。請求額や範囲が自賠責保険を超える場合は、任意保険の会社があわせて手続きを行うことが現在では一般的であり、多くの事故でそのようなことが行われています。

交通事故における保険会社はどのような役割か
交通事故における保険会社の役割は、諸手続きを行う機構としての役割があり、とても重要なものです。被害者が加害者に直接賠償金を請求することもできますが、被害者と加害者の直接的やり取りは感情面で困難であったり、過失を認めない加害者もいます。保険会社は、今まで取り扱ってきたさまざまな事故の過失割合から、当該事故に対する過失割合を算定し、被害者が提出した交通事故証明書や医師の診断書をもとに諸手続きを行ってくれます。過去の事故の過失割合を基本として、過失割合を決めますので被害者と加害者の紛争も少なくて済みます。このように、保険会社は諸手続きを行うという機関だけでなく、交通事故の加害者と被害者、双方がこの問題を納得できる形で終わらせるための役割も担っています。ですので、人身事故や物損事故など事故の種類にかかわらず、自分が交通事故を起こしたり被害者になったりした場合には、警察とともに保険会社へ連絡するべきです。

保険会社を選ぶうえで気をつけること
自動車社会が発達するにつれて、保険会社も外資系のものから日本で伝統のある会社まで、たくさんあります。そのなかで自分にあったものを選ぶ必要があります。交通事故の加害者には、だれもがなりうる可能性があります。自分が事故を起こしたことで人を死亡させた場合は、その人の年齢や職業で何億と言った損害賠償を支払わねばなりませんので、まずは対人無制限の自動車保険を選ぶべきです。対物についても、営業車などの場合は営業できなかった期間の休業補償も支払いますので高額になる可能性があり、できれば無制限が望ましいです。自分が起こした事故であっても、自分がけがをしたり死亡したりするリスクがあります。そのためには人身傷害についても最低限の補償をつけます。これらのことが自動車保険を選ぶには必要です。さらには、走行距離や今までの事故歴などにより保険料が安くなったりする会社もありますので、そのようなことを勘案して保険会社を選ぶ必要があります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play