• このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故にあった時の弁護士費用の支払い

交通事故と弁護士の活用について
自動車等を運転している方であれば、誰でも交通事故の加害者や被害者になってしまう可能性があります。事故の被害者になってしまった場合は、そこで起きてくるトラブルや問題をスムーズに解決するために弁護士を利用すると良いケースが多いです。そして、事故の時に弁護士を利用する為の費用については、その事案に着手してもらう時に必要になる着手金の他に、相談する時の費用や、最終的に示談や裁判がうまくいった時に支払う成功報酬などのお金が発生します。それぞれ料金は事案によって変わってきますが、中には相談料金や着手金については無料で行ってくれる事務所もあります。成功報酬については、加害者から賠償金や示談金を得ることが出来たら、その金額の数%から数十%の支払いが必要になります。依頼をする時の契約書などに、その成功報酬金額がいくらか書かれていますので、法律の専門家に法的な処理や弁護を依頼するのであれば、事前にその金額は把握しておきましょう。

費用の増減とその支払い方法について
交通事故の時に弁護士を利用し、そこで発生する成功報酬などの費用はこちらが支払うという形ではなく、その多くは保険会社から事務所に振り込まれた示談金から、成功報酬を差し引かれるという仕組みになっています。このことから成功報酬については予めこちらが支払うケースは少ないです。また、弁護士事務所もそのように保険会社から示談金が入りますので、確実に成功報酬を得ることが出来るメリットもあり、事故による弁護や紛争解決サービスを積極的に行っています。ちなみに、平均的な弁護士費用の相場価格については、5%~20%程度となっています。示談が成功したことにより500万円もの増額が出来た場合、支払いの契約が10%であれば50万円を成功報酬として事務所に渡します。もちろん、その報酬の支払いについては、報酬金とは別に消費税がかかってきますし、利用するときに弁護士事務所との契約で特約などがあればその支払いも必要になります。

後悔しないためにも交通事故は弁護士に依頼
以上のように交通事故が起きた時に弁護士を利用すると、それなりの弁護士費用を支払う必要が出てきます。しかし、弁護士を利用するからこそ、被害に遭ってしまった時に加害者から事故の損害に見合った賠償金や示談金を受け取ることが出来るのです。腕の良い弁護士事務所に依頼をすれば、賠償金や示談金の金額も上がってくるため、多少弁護士費用がかかったとしても、それを利用したほうがメリットが大きくなります。また、事故によって後遺障が残ってしまった時にも、それを後遺障害認定してもらうために弁護士が活躍してきます。特にムチ打ち症といったものは後遺症と認定されるのが難しく問題になっていることもあります。しかし、交渉により認定してもらい、賠償金を獲得したいのであればやはり専門家に依頼するのが得策です。事故の被害者になってしまった時は、後から納得のいく賠償を受け取れず後悔しない為にも、弁護士事務所へ相談すると良いでしょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play