• このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の過失割合とは

交通事故における責任の取り方について
誰もが交通事故を望んで起こすわけではありません。加害者にとっても思いがけない事故であると共に、被害者にとっては青天の霹靂以外の何物でもないのです。もし、交通事故の加害者となってしまった場合には被害者に対して十分な謝罪を行う必要があります。また、被害者としては加害者に対して相応の賠償を求めることができます。もちろん、お金で全てが解決されるわけではありません。被害者が背負ってしまった精神的な苦痛を始めとして、お金ではどうすることもできない負の側面が生じるのです。それほど、交通事故を起こしてしまう責任は重いと言えます。そして、加害者としての責任の取り方は被害者に対して金銭を支払うことが第一歩となります。被害者が治療を要する被害を被った場合には、身体的な被害を治療するための費用を支払わなければなりません。また、治療費用だけではなく、事故についての賠償責任を金銭の支払いによって果たすことになります。

示談金や賠償金を決める交渉について
交通事故が起こってしまった場合には、加害者と被害者の間で交渉を行うことになります。この交渉は、交通事故を起こしてしまった責任をどのように果たすのかを決める重要な話し合いです。主な目的としては、被害者が加害者に対して請求する示談金や賠償金の額を決めるためです。この交渉では、被害者はできるだけ冷静に対応することが求められます。しかしながら、事故にあった被害者ですから冷静に話し合いができないケースもあります。感情的になってしまうこともやむを得ないでしょう。そこで、弁護士が代理人として示談交渉を行うことが多くなります。代理人として弁護士を選任すれば、当事者に変わって落ち着いた交渉を行うことが可能です。加害者と被害者の双方で弁護士を立てて示談交渉を行えば、比較的スムーズに話し合いは進行されます。また、示談金や賠償金の額を決定するためにはお互いの過失割合を安定する必要があります。この過失割合とはどのようなものか理解しておきましょう。

交通事故における過失割合とは何か
示談金や賠償金を決定するために必要な過失割合は、交通事故の当事者である加害者と被害者のどちらの責任が重いのかを決めるものです。交通事故の場合には被害者の責任が全くないケースもありますが、被害者側の落ち度が認められることもあるのです。例えば、横断歩道を渡ろうとした歩行者が被害者となった場合、きちんと信号を確認していたかどうかが問われます。交通規制に則ったのにもかかわらず事故に遭遇してしまった場合にはもちろん、被害者に責任はありません。もし、被害者の責任や過失が認められた場合には、示談金や賠償金が減額されることになります。過失割合の算定には交通事故が起きてしまった細かな状況の確認が必要となります。つまり、どうして交通事故が起きてしまったのかという原因を探ることによって事故が起きた責任の所在を明確にするのです。その責任の所在が過失割合に表され、割合に応じて示談金や賠償金が決定します。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play