• このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の賠償金を交渉するポイント

交通事故の加害者としての対応について
交通事故の加害者になってしまった場合には、会社側から賠償金を請求される場合があります。多くの場合、被害者の肉体的な損害に対する治療費に加え、精神的苦痛に対する賠償金を支払う必要が出てきます。治療費用は実費となりますから、おおよその見当をつけることができます。しかし、精神的苦痛に対する賠償金は交通事故の程度、被害者の精神的苦痛の度合いによって変わってきます。そのため、賠償金は交渉することが可能です。加害者として交通事故を起こしてしまったことを反省することは、とても重要です。まずは被害者に対して謝罪の意思を表明することが先決です。しかしながら、賠償金については多くの金額をお支払えば良いと言うわけではありません。必ずしも被害者の要求通りに支払う必要は無いのです。適正な額になるまで被害者側と交渉する余地があります。交渉のエキスパートである弁護士に依頼することが得策となります。

賠償金を交渉するための準備について
交通事故の賠償金は交渉することができますが、初めから交渉の事ばかり考えていると被害者の逆鱗に触れかねません。まずはきちんとした謝罪をすることが先決です。被害者に対して謝罪をしないまま、賠償金の交渉を行う事は避けて下さい。もし謝罪の前に賠償金の話を持ち出してしまうと、その後の交渉に大きな影響を与えてしまいます。まずは加害者として、申し訳ないことをしたという反省を示す必要があります。交渉の前に、人として果たすべき義務を認識するようにしてください。そのあとから当事者同士の話し合いを始めても遅くはありません。話をする前の準備と言うものがあるのです。それでは、どのように手続きを進めればよいのでしょうか。まずは、弁護士に相談を行ってください。弁護士は、あらゆる法的手続きに精通しています。ですから、あらゆる法的手続きが必要となる交通事故対応のエキスパートでもあります。

適正な賠償金を決定する方法について
大すぎず少なすぎない賠償金を決定するためには、専門家の意見を仰ぐ必要があります。当事者同士ではなかなか決める事は難しいでしょう。なぜならば、被害者側多額の賠償を請求します。その一方で、加害者側はなるべく賠償額を抑えようとするのです。つまり、交通事故の当事者は利害が一致しないのです。この相反する希望を調整するのが弁護士の役割です。加害者側が依頼した弁護士と被害者側が依頼した弁護士の間で構成が行われ、その際に、当事者の過失割合などが考慮されることになります。過失割合とは、どちらの責任が重いのかという割合のことです。つまり、加害者に全面的な責任がある交通事故ならば、被害者の過失割合はないことになります。この過失割合も考慮されながら賠償額が決定されていくのです。そして、この弁護士間の調整で示談が成立しなければ、裁判所での手続きに移行することになります。話し合いを長期化させないためには、示談の成立がポイントとなります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play