• このエントリーをはてなブックマークに追加

示談書に必要な項目と書き方

「示談書」とは一体どういうものか
事故を起こした人には経験があるかもしれませんが、交通事故で当事者同士が冷静になって話しあえる際に「示談」という事故を解決する方法があります。これは、話し合いで加害者が被害者への謝罪とともに必要な条件や賠償金などを当事者同士で行う方法です。一見、難しそうに思いますが双方が示談にする意志であれば、公的な書類を書くだけで安心して医療費や修理代も保障してくれます。その、公的書類というものが「示談書」です。これは「和解契約書」と言われるもので裁判所へ提出しなくても良く、双方の約束が書いてある書類なので、それ以上の金額の請求や内容要求は法的には認められていません。事件解決を行うための和解を目指す方法の一つとして使用されます。また、交通事故以外にも不倫清算や離婚、傷害事件などの刑事事件も利用することがあり、幅広い事件に利用されている立派な書類です。書類に対してトラブルを起こさないために、弁護士を利用することも少なくありません。

示談書作成にメリットとデメリットがある
突然の交通事故で、被害者と加害者が口約束でトラブルを起こす前に示談書をうまく作成するためには、まずは書類作成においてデメリットとメリットを把握しておく必要があります。まずはメリットから考えていきましょう。そもそも、示談書は加害者と被害者の双方の約束に食違いで意見が合わなくならないようにする約束の書類です。そのため、双方がきちんと和解した事件の条件や内容等を事細かく書類に示すことができます。記載した後に、被害者は約束して請求した金額を増額することができなるので、加害者も安心して支払を応じることができます。逆にデメリットは、書類を交わしただけでは刑事責任を免れることができないことがあります。そのような場合になってしまえば、たちまち交わした書類は意味がありません。きちんとした内容を記載しておいても、双方が事故直後のパニックになっているときに交わしても何の意味もないので、これらをきちんと理解してお互い冷静になるまで話し合いましょう。

示談書に必要な項目とは一体何か
万が一の事故で示談書を作成する場合に、一番大切なポイントをご存知でしょうか。示談書は公的書類にもなりますので、その場で軽く理解をせずに約束を決めることは良くありません。では、どのような示談書を製作すれば双方が安心する事件解決を行えるのかを知っておくべきでしょう。まずは、現在の自分に置かれた立場を理解することです。どのような問題で、どのような和解策を建てるべきなのかまたは、どのような示談内容にしていくべきかを加害者と被害者で相談して、相手も理解できるところから始めましょう。そして、内容を事細かく掲載することが大切です。後で、やっていないと言われトラブルを避けるための証拠となります。また、双方が約束した条件も細かく掲載します。事件発生の日時や場所、氏名や住所などから約束を交わした内容すべてを書いておくことで事前にトラブルを避けることが望めます。傷害事件や離婚や不倫清算などさまざまな事件で利用できるのが示談書です

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play