• このエントリーをはてなブックマークに追加

事故にあった時の効果的な示談方法

事故をおこした際のあわてない対策
毎日通勤や、通学で使用する「車」や「バイク」または、お子さんを近所の幼稚園へ送迎したり、夕方の買い物でたくさん荷物を運ぶことに使用する「自転車」は、今では生活になくてはならない必需品となっています。免許も必要なく、手軽に移動が可能なので、今では一家に何台も所有している家庭が多いです。しかし、毎日使用している分、運転への慣れや交通状況の把握などから「交通ルールへの油断」を気づかないうちにしている方は、少なくありません。一瞬の隙に交通事故に巻き込まれることもあります。そこで、事故の際はどうしたら良いのか知っておきましょう。突発的なアクシデントで、一気にパニックになってしまうかもしれませんが、一度落ち着くことが大切です。まずは、対象物や事故の相手を確認します。相手が被害者の場合、謝罪をすることが大切です。そして、いかなる事故であってすぐに警察に連絡します。また、相手が動揺していたりパニックになっている場合、証拠収集のために事故の模様を日時入りの写真を撮ったりその場に居た方で目撃者を集めて、警察に聴取してもらうべきです。

「じだん」とは一体何を行えばいいのか
皆さんは「示談」という言葉をご存知でしょうか。また、これによってどんなメリットがあるのかお教えします。そもそも、示談は当事者(加害者・被害者)が歩み寄って裁判を起こさずに双方の問題を解決して行く約束を決めることです。しかし、単に口約束だけではお金が絡んでいる事故や事件の場合に自分が損することがあるので、示談書という公的証拠になる約束書を書くことがベストです。要するに、約束ごとをそこに記載しそれ以上の記載されていないことは約束しないという文面になります。そこに記載する内容は、当事者(加害者・被害者)の氏名、お互いの住所、自動車登録番号、発生の場所、日時、状況、原因を詳しく記載して、最後に示談契約の条件、契約日時を示し印鑑があると公的文書となります。しかし、示談によって約束した金額を怪我や修理代などで追加総額することはできません。メリットとしては、年齢や事件の重要性、前科の有無は関係なく話し合いのみで対処できることです。

事故の際の正しい示談方法のおススメ
事故とは、ある日突然起こってしまうものです。当事者同士が問題を解決するために警察にお願いしたり、示談交渉を行ったりと原因、状況、条件などを徹底検証して事件を解決します。これは、状況の大小にかかわらず行わなくてはならない義務がドライバーとしてあります。しかし、実際に事故を起こしてしまい混乱し、パニックを起こすことが多いので万が一の解決策を正しく知っておきましょう。まず、現場で示談交渉をするのは避けます。事件直後でお互いが混乱しているような状況ですと、冷静な判断ができなく、後々契約についてもめてしまうことがあります。必ず、その場では連絡先を交換して、氏名、住所、ナンバーなど情報を把握します。その後、保険会社への連絡を行い、話し合いましょう。そうすることによって、冷静な第三者のオペレーターが親身に説明してくれるので安心できます。また、当事者同士の口約束は絶対せずに、きちんと「示談書」を書いて契約することが大切です。これらの一連の流れを把握し、事故解決を行いましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play