• このエントリーをはてなブックマークに追加
だいち法律事務所

藤本 一郎ふじもと いちろう 弁護士

藤本 一郎
  • 総合
    ランキング1
  • タメになった
    ランキング1
  • 回答数
    ランキング1
  • 閲覧数
    ランキング5
対応エリア:
大阪府

営業時間:平日 9:00 ~ 17:30
交通事故プロナビ』を見たとお伝えいただくとスムーズです。

  • 無料相談可
  • 土日祝日可
  • メール相談可
  • 駅から近い
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【初回相談料無料】【着手金無料】【完全成功報酬】だいち法律事務所 弁護士 藤本 一郎
死亡・重症の交通事故に関する事案を全力でサポート。経験豊富な弁護士が徹底的に交渉いたします。

重症や死亡事案を取り扱う場合特に必要となるのが、「豊富な事件処理の経験」と「高度な医学知識」です。

当事務所のこだわりとして、出来る限り事件処理における早期の段階で、過去の豊富な事件の処理の経験をもとにして、依頼者に事件解決の流れや見通しを伝えるようにしています。そうすることで、依頼者も今後の見通しが明確に持てることで、その後の相談を安心してい行ってもらえるようになります。

また、重症の事案においては特に、認定等の交渉などにおいて医師と直接弁護士がやり取りを行わないといけない場面があるため、当弁護士事務所では定期的に他の事務所の弁護士も交えて、『交通医療研究会』を開催しています。そうすることで、医師や裁判でのやりとりがより説得力のあるものになり結果的に、大きな増額につながっていきます。


だいち法律事務所

当事務所の特徴

1.被害者の心に寄り添い、親身になった相談
事件処理にあたって、依頼者の心に寄り添う気持ちが大切です。

傷ついた依頼者の気持ちに寄り添うために、依頼者との心の歩み寄りを一番に考えています。依頼者が一番望むことを聞き出したうえで、最良の選択を心がけます。

そのため、打ち合わせが長くなったり、最終的な事件処理に時間がかかりますが、確実な満足を感じていただけることが多いです。杓子定規な法的手続でなく、依頼者の心に寄り添った事件処理は、他の事務所の追従を許しません。

2.死亡・重傷案件において事件処理能力、大阪NO1を自負
2005年に設立した当事務所。当所から、重傷案件を数多く扱ってきました。

10年を経過した現在、その蓄積された実績が膨大な経験値として、血となり肉となり、スムーズな事件処理を可能としています。
数多くの重傷事案解決は、大阪で随一だという自負があります。

3.常に最新情報を取り入れ、最良の事件処理につなげる
他事務所の弁護士も交えた、『交通医療研究会』という勉強会を毎月開催しています。研究会の目的は、交通事故を原因として生じる後遺障害についての理解を深めることにあります。

近時は、それ以外にも、交通事故の賠償にかかわる法律問題の検討もテーマに加えています。これらの勉強会を行うことにより、常に最新の知識にアップデートし、最良の事件処理が可能となっています。


重症(脳や脊髄の後遺障害)・死亡事故等に特化

交通事故は、被害者の人生に大きな影響を及ぼします。特に、重度の後遺障害が残った場合や死亡された場合には、被害者本人だけではなく、その家族の人生も一変させてしまうことがあります。

後遺障害や精神的ショックを全て取り除き、事故前と同じ状態に戻すことができれば良いのですが、現実には不可能です。現行のシステムでは、加害者(保険会社)に損害賠償を求め、被害に応じた賠償金を得ることにより回復を図るしかありません。

被害回復のためには、被害に見合った適正な賠償金を得ることが極めて重要になります。

「被害に見合った適正な賠償」

これを実現するためには、被害者の側が、裁判の場において、十分な主張と証拠を積み上げる必要があります。そして、被害者の代理人となるべき弁護士が、医療知識を備え、損害額算定の裏付けとなる証拠を収集する能力を有している必要があります。

私たちは、これらの能力と知識を武器に、一人でも多くの被害者を救済することを目標に日々精進しています。


だいち法律事務所が重症(脳や脊髄)・死亡事案に強い理由

交通事故に対する高度な専門知識を有する交通事故専門弁護士が担当。

重症・死亡事案に特化しているからこそ、1件1件を丁寧に時間をかけて対応。

3人体制で多角的な見方で事件処理を行っていきます。

報酬は完全成果報酬型なので費用の心配も無用。

交通事故「被害者」からのみの依頼に対応。経験豊富な実績。

高い専門性を頼って、西日本の広域から依頼がきております。


重症(脳や脊髄)・死亡事故の場合は早期に弁護士に相談を!!

専門家のプロフィール

氏名
藤本 一郎
性別
男性
職種
弁護士
所属
大阪弁護士会
事務所
だいち法律事務所
事務所住所
大阪府 大阪市北区
西天満4-11-22
阪神神明ビル601
電話番号
06-6311-2211

専門家の基本情報

経歴
平成7年 立命館大学法学部 卒業
平成7年 立命館大学大学院法学研究科 入学
平成8年 司法試験合格
平成9年 立命館大学大学院法学研究科 卒業
平成9年 51期司法修習生
平成11年 弁護士登録・川原総合法律事務所 入所
平成15年 太陽法律事務所 入所
平成17年 だいち法律事務所 設立
対応可能な
相談内容
慰謝料, 示談, 人身事故, 死亡事故, 過失割合, 損害賠償, 後遺障害, むちうち, 後遺障害等級認定, 自賠責被害者請求

料金の目安

着手金

1.訴訟を提起する事件
 【 死亡・後遺障害等級における基準額(消費税を加算します)】
・死亡 100万円~150万円
・1級 300万円
・2級 250万円
・3級 200万円
・4級・5級 150万円~180万円
・6級~9級 100万円~140万円
・10級~11級  60万円~90万円
・12級~14級、等級非該当 20万円~60万円

2.示談、交通事故紛争処理センターにて解決する事件
  上記を考慮し、協議のうえで決定することとします。

3.示談交渉後、または交通事故紛争処理センター申立後、訴訟に移行する事件
  すでに支払っている着手金がある場合、上記の表による金額との差額を加算することとします。

報酬金

1.訴訟により解決した事件
 【 死亡・後遺障害等級における基準額(消費税を加算します)】
・死亡・1級~9級 得られた金額の10%~15%(原則10%とし、事案の難易度を考慮して決定します)
・10級~11級 得られた金額の12%~17%
・12級~14級・等級非該当 得られた金額の15%~20%

2.示談または、交通事故紛争処理センターによる斡旋・裁定で解決した事件
  上記の基準の80%~100%の範囲内で、事案の難易度・成果の内容などを考慮して、協議のうえ決定することとします。

3.「得られた金額」の算定方法
  受け取り済みの自賠責保険金・労災保険金の金額は含みません。
  自賠責保険金を取得していない事案における算定方法は、協議のうえ決定することとします。

4.定期金賠償の場合の特則
  後遺障害等級1級の事案において、定期金による解決となった場合、定期金部分(将来介護料およびその他)の報酬金は、被害者の症状固定時もしくは定期金の支払開始時の年齢に応じて次の通りとします。
・30才以下 定期金支払額の7年分の15%
・40才以下 定期金支払額の6年分の15%
・60才以下 定期金支払額の5年分の15%
・70才以下 定期金支払額の4年分の15%
・71才以上 定期金支払額の3年分の15%

※報酬金の支払時期は、賠償金・保険金が実際に支払われた時点とします。支払が複数回に別れる場合は、支払の都度とします。

弁護士費用特約がある場合の特例

ご依頼いただだく事件に適用可能な弁護士費用特約がある場合、損害保険会社と弁護士会との間で協定されている支払基準に基づいて、着手金・報酬金の額を算出させて頂く場合があります。

所属事務所情報

事務所
だいち法律事務所
住所
大阪府大阪市北区西天満4-11-22阪神神明ビル601
電話番号
06-6311-2211
公式サイト
http://daichi-lo.com/
営業時間
平日 9:00 ~ 17:30
アクセス
◆「大阪駅」より徒歩7分
アクセスマップ
大きな地図で見る

会員優待

専門家によっては会員様限定の優待をご用意している場合がございます。優待を確認するにはログイン/新規登録が必要となります。

会員限定優待

ログイン / 無料会員登録
してください